労働契約と就業規則について

 事務所概要 | サービス一覧 | お役立ち情報 | プライバシーポリシー | リンク |

埼玉県所沢市 社会保険労務士浅井事務所

トップ >お役立ち情報 >就業規則の簡単解説 >(1)労働契約と就業規則について
就業規則研究所
就業規則の作成 ・就業規則の変更 ・就業規則の活用 ・就業規則の判例 ・モデル就業規則
就業規則の簡単解説 ・就業規則の各種規定 ・就業規則の違反 ・就業規則チェック7項目
パートタイム就業規則 ・36協定 ・36協定届けの記入

就業規則研究所 〜就業規則の簡単解説〜
(1)労働契約と就業規則について
(2)就業規則の作成義務について
(3)採用時の労働条件など
(4)就業規則における試用期間とは
(5)就業規則における退職について
(6)就業規則における解雇について
(7)就業規則における解雇について その2


 (1)労働契約と就業規則について

 
 まず労働契約とはなんでしょう?
 
 実は【どのような条件で働くか】という事は、社員と会社の合意によって自由に決める事が出来ます。契約の一種ですから民法にもそう書いてあります。
 
 ですが、社員と会社(社長)との個別契約では、あきらかに立場に強い弱いがありますよね?労働者が弱いのは当然です。これでは公平な契約は結べません。
 
 そこで労働基準法で、労働契約についての様々な規制(弱い立場の労働者を保護する規定)が作られたわけです。
 
 労働契約で取り決める内容は、労働基準法の基準に達していないときには無効となり、その部分は労働基準法の基準が適用されます。
 
 
 例えば社長さんが
 
 社長 『トマト君は、1日10時間労働で日給8000円で雇ってあげよう』
 と言って、トマトさんを雇ったとします。
 
 しかし労働基準法では【一日8時間労働までですよ!】という決まりがありますので、この契約は自動的に下のようになります。
 
 社長 『トマト君は、1日8時間労働で日給8000円で雇うよ』
 
 もちろん、法律的にこうなるというだけで、実際には誰かがこのことを社長に伝えなくては、10時間働かされてしまいますけれど。
 
 
 就業規則の内容が、法令に違反したり労働協約に抵触したりするときは、その部分が無効となるわけです。さらに、就業規則や労働協約を下回る労働契約を交わすことは出来ないことも知っておきましょう。


ページ最上段へ




Google
 
Copyright(c)2004 社会保険労務士淺井事務所.All Rights Reserved.

【埼玉県所沢市】 社労士淺井事務所 トップページへ
就業規則の作成・コンプライアンス・CSR(企業の社会的責任)・アントレプレナー支援の情報発信サイト
就業規則の作成業務を中心に小さな会社の各種ご相談に応じます。アントレプレナーの方も是非ご連絡下さい。

社会保険労務士淺井事務所

〒359-1145 埼玉県所沢市山口856-19  Tel: 04-2923-6850  Fax: 050-3721-9151