パートタイム就業規則について

 事務所概要 | サービス一覧 | お役立ち情報 | プライバシーポリシー | リンク |

埼玉県所沢市 社会保険労務士浅井事務所

トップ >お役立ち情報 >パートタイム就業規則
就業規則研究所
就業規則の作成 ・就業規則の変更 ・就業規則の活用 ・就業規則の判例 ・モデル就業規則
就業規則の簡単解説 ・就業規則の各種規定 ・就業規則の違反 ・就業規則チェック7項目
パートタイム就業規則 ・36協定 ・36協定届けの記入

就業規則研究所 〜パートタイム就業規則〜
(Q) パートタイマーを雇っていますが、パートタイム就業規則の作成は義務ですか?
(Q)パートタイマーの定義とは?


 
(Q) パートタイマーを雇っていますが、パートタイム就業規則の作成は義務ですか?

 
 (A) いいえ。
 義務ではありません。
 
 しかし、パートタイマー用の就業規則がない場合、正社員用の就業規則の規定が適用されてしまうことがありますので、会社にとって不利になってしまうケースが出てきます。
 
 例えば退職金はパートには支払わないつもりだったのに、正社員用の就業規則に退職金規程があった場合、パートさんとの労働契約において退職金がないことをきちんと書面でやりとりしていなかった場合などに、正社員用の就業規則が適用されるケース等です。



 
(Q) パートタイマーの定義とは?

 
 (A) パートタイマーとは短時間労働者のことをいい、パートタイム労働法には次のように規定されています。
 
 一週間の所定労働時間が同一の事業所に適用される通常の労働者(正社員)の一週間の所定労働時間に比べ短い労働者
 
 つまり、1日8時間労働で週5日のパートタイム契約を交わしたとしても、それは正社員と変わらないはずなので(週40時間ですからね・・・)、その労働者はパートタイマーとは認められません。
 
 また、パートタイマーだからといって年次有給休暇や残業代の支払いがないわけではありません。パートタイマーも法律でしっかりと保護されているのです。ですから、そのあたりの規定をしっかりと就業規則に盛り込む事で、パートタイマーの労働条件をきちんと整備しましょう。
 
 パートタイマー用の就業規則が未整備の事業場(あるいは、就業規則にパートタイマーについての条文が組み込まれていない場合)では、正社員用の就業規則がそのままパートタイマーにも準用されることになります。
 
 これはどういう事かと言うと、正社員用の就業規則に【昇給・賞与の規定】がある場合はパートタイム労働者にも【昇給・賞与の規定】適用されてしまうということです。 パートタイマーにとっては嬉しい事になりますが、経営者にとっては予想外のコスト増(あるいはそれが原因の労働争議)に発展する可能性さえあるのです。
 
 ですから、パートタイムの従業員を雇っている事業所では、パートタイムに関する条文を就業規則を追加したり、修正することが必要なのです。また、パートタイマーを主力として扱う事業場では、正社員用の就業規則とは別にパートタイマー用の就業規則を作成することも考慮すべきでしょう。



ページ最上段へ




Google
 
Copyright(c)2004 社会保険労務士淺井事務所.All Rights Reserved.

【埼玉県所沢市】 社労士淺井事務所 トップページへ
就業規則の作成・コンプライアンス・CSR(企業の社会的責任)・アントレプレナー支援の情報発信サイト
就業規則の作成業務を中心に小さな会社の各種ご相談に応じます。アントレプレナーの方も是非ご連絡下さい。

社会保険労務士淺井事務所

〒359-1145 埼玉県所沢市山口856-19  Tel: 04-2923-6850  Fax: 050-3721-9151

〒160-0022 東京都新宿区新宿2-7-3-605 Tel: 03-5368-2567 Fax: 050-3721-9151
淺井事務所は東京都新宿区へ移転しました。今後ともよろしくお願いします。
(所沢の電話番号も利用出来ます)