事務所概要 | サービス一覧 | お役立ち情報 | プライバシーポリシー | リンク |

埼玉県所沢市 社会保険労務士浅井事務所

トップ >お役立ち情報 >ウェブセミナーコンプライアンス >(1)コンプライアンスとは何か
ウェブセミナー コンプライアンス

ウェブセミナー 〜コンプライアンス〜


第1回 コンプライアンスとは何か
第2回 経営におけるリスクを把握しましょう
第3回 内部反乱の可能性があります
第4回 内部統率の仕組みを整えます
第5回 企業倫理でコンプラを補強しましょう
第6回 行動規範(就業規則含む)を整備します
第7回 社員全員に会社ルールを周知させます
 


 (第1回)
コンプライアンスとは何か

 
 コンプライアンスとは「法令遵守」と訳されています。
 
 会社が様々な法律を守った活動をすることを、意味しています。ですが、ただ単に法律を遵守した会社のルールを整備すればそれでコンプライアンス体制が確立したと言って良いのでしょうか?まずはそこを考えてみましょう。
 
コンプライアンスは法律という押し付けられたものを守る姿勢です。
ですから、「上司の指示で守らない」だとか、「コストがかかりすぎるから守れない」という方向には進めません。本来、強制的にやらねばならない作業なのです。
 
 他方、「企業倫理」という言葉があります。
 これは「経営に対するその会社の姿勢」を表わしています。これは自発的な行動なので、意識的に方向を変えられます。
「上司が怖いから、不正に目をつぶろう。」
「ライバル会社がやっているからウチも談合に参加しよう。」などなど。
経営者の考えが会社の隅々にまで正確に理解されないと、このように間違った方向へ進んでしまいます。これを自発的に良い方向へ進めて行こうとするのが「企業倫理」です。
 
コンプライアンス(法令順守)=強制的
企業倫理=自発的
 
 このようにコンプライアンス(法令順守)と企業倫理は本来、別のものです。
ですが、このウェブセミナーではコンプライアンスを「法令遵守をクリアーした上で、さらに企業倫理の考え方を使ってよりよい会社環境を作りあげる活動」と定義します。
 
 淺井事務所の考えるコンプライアンスは
 コンプライアンス(法令順守)+企業倫理
 
この考え方が大切だと、まずは認識してください。

 (補足)コンプライアンスという概念の発祥した欧米諸国では
 ・コンプライアンスはあくまでも法令遵守のみ。
  ・企業倫理は各企業が独自に考えるべき自発的なもの。
 
という考え方が主流です。それは何故かというと、宗教や国籍が多種多様な欧米では、企業倫理感において、統一的なものは存在し得なかったからです。
 
 そこでコンプライアンスという概念を作り、わざわざ統一的な社会ルールを構築する必要があったのです。最低限守るべき統一ルールとしてコンプライアンスが作り出されたのは、本来企業倫理も統一した方が合理的なのですが、なかなかそうもいかないのが国際社会の現実だったからです。
 
 では、日本ではどうだったかと言いますと、単一人種で島国の日本では、各企業が自発的に考える企業倫理は欧米諸国と比べると、ほとんど同じベクトル(方向性)を向いていました。
 
 ですから、企業活動を規制する様々な法律が誕生してコンプライアンス(法令遵守)という考え方が輸入された時に欧米諸国とは異なりコンプライアンスも企業倫理も一緒に考え得ることが出来たのです。これは日本の会社が有利な点です。
 
 本来はコンプライアンスと企業倫理は別のものですがどちらが大切なのか?という種類のものではありません。どちらも企業にとって必要なものなのです。
 
 ですから、コンプライアンスを考えるにあたっては企業倫理についても一緒に考えていくことが合理的だと思われます
 
(第2回) 経営におけるリスクを把握しましょう へ進む
 

 補足

 
 第1回は少し概念的な内容になりましたがコンプライアンスがどのようなものなのか分っていただけたと思います。念のために一言で復習しておきます。
 
「コンプライアンスは、法令遵守に企業倫理を加えたもの」
このように考えると効率的です。
以上で第1回のセミナーを終わります。お疲れ様でした。

 
(第2回) 経営におけるリスクを把握しましょう へ進む
 
ページ最上段へ


Google
 
Copyright(c)2004 社会保険労務士淺井事務所.All Rights Reserved.

埼玉県所沢市 社労士 浅井事務所
就業規則の作成・コンプライアンス・CSR(企業の社会的責任)・アントレプレナー支援の情報発信サイト
就業規則の作成業務を中心に小さな会社の各種ご相談に応じます。アントレプレナーの方も是非ご連絡下さい。

社会保険労務士淺井事務所

〒359-1145 埼玉県所沢市山口856-19  Tel: 04-2923-6850  Fax: 050-3721-9151