事務所概要 | サービス一覧 | お役立ち情報 | プライバシーポリシー | リンク |

埼玉県所沢市 社会保険労務士浅井事務所

トップ >お役立ち情報 >ウェブセミナーコンプライアンス >(3)内部反乱の可能性があります
ウェブセミナー コンプライアンス

ウェブセミナー 〜コンプライアンス〜


第1回 コンプライアンスとは何か
第2回 経営におけるリスクを把握しましょう
第3回 内部反乱の可能性があります
第4回 内部統率の仕組みを整えます
第5回 企業倫理でコンプラを補強しましょう
第6回 行動規範(就業規則含む)を整備します
第7回 社員全員に会社ルールを周知させます
 


 (第3回)
内部反乱の可能性があります

 
 コンプライアンス(企業倫理含む)には、どこか「理想論」のようなところがあります。
 
 現場で働く従業員からは
「そんな甘い考えでは現場はやっていけないんだ!」
という反発が起こることも考えられます。
 
「やったことがないから。」
「周りからうるさがられるから。」
「どこまでやればいいのか分らない。」
「今のままで問題ないでしょう。」
 
 このような台詞が現場で湧き上がるかもしれません。
 
 これらの声が現場で生じると言うのは、経営者のコンプライアンスに対する確固たる想いが、従業員一人一人に伝わっていないことが原因です。
 
「どこまでやればいいのか分らない」
 もしも課長がそのようなボヤキを発しているならば、経営者は課長に対して、具体的な答えを用意しなくてはなりません。
「受注のノルマは確かに1,000万円だが、それは談合入札に参加してまで取るべき目標ではない。その他の方法で受注するにはどうすれば良いか?それを考えることが重要だ。その為に一時ノルマの達成が出来なくてもそれは談合をするリスクを取るよりは100倍ましなことだ。」
 この程度の発言は経営者としてするべきでしょう。
 
 このあたりを曖昧にして、単にノルマを与えただけでは従業員は、会社の為(ノルマの為)だからと、法律違反や不正行為へ走ることもあるかもしれません。そのようなリスクを取ることは会社にとっても、不正を行なった従業員にとっても悲しいことでしょう。
 
 社長が会社の長期的な発展と社員の生活の安全を本当に考えているならば、一時の利益を取るために危険な橋を渡る判断はしないはずです。
 
 理想論だとか甘いとか言うのは、逃げでしかありません。もし、法律に違反してでも公共事業の入札を取らないと会社の資金繰りが立ち行かず倒産するという、そんな状態になってしまったら・・・。
 
「社員を守り、会社を守るためだから仕方ない。」
 
 こう考えるのも人情かも知れません。もちろんその判断は社会のルール違反で誤りです。
 
 ここで語るコンプライアンスは、そのような会社の末期状態を治療するための活動ではないという事をまず知ってください。
 
 会社を中長期的に維持発展させるために、会社を骨太にするのがコンプライアンスなのです。病気になったときの特効薬ではなく、身体を健康に保つ為の栄養だと考えるとわかりやすいでしょうか。
 
 ですから、社員の反発に対してはひとつひとつ話し合いや説明会、経営者の考えをしっかりと伝えるという非常に地味な作業が必要になるのです
 
(第2回) 経営におけるリスクを把握しましょう へ戻る
(第4回) 内部統率の仕組みを整えます へ進む
 

 補足

 
 以上で第3回のセミナーを終わります。お疲れ様でした。

 
(第2回) 経営におけるリスクを把握しましょう へ戻る
(第4回) 内部統率の仕組みを整えます へ進む
 
ページ最上段へ


Google
 
Copyright(c)2004 社会保険労務士淺井事務所.All Rights Reserved.

埼玉県所沢市 社労士 浅井事務所
就業規則の作成・コンプライアンス・CSR(企業の社会的責任)・アントレプレナー支援の情報発信サイト
就業規則の作成業務を中心に小さな会社の各種ご相談に応じます。アントレプレナーの方も是非ご連絡下さい。

社会保険労務士淺井事務所

〒359-1145 埼玉県所沢市山口856-19  Tel: 04-2923-6850  Fax: 050-3721-9151